評価される理由について

2012年から事業が行われている、株式会社アレスパートナーズをご存知でしょうか。知らないという方も多いかもしれませんが、株式会社アレスパートナーズは東京都港区赤坂に本社を構える企業です。財務アドバイザリーや経営コンサルティング、投資などの事業を軸として展開しており、国内ビジネスだけでなく海外にも目を向けたグローバルビジネスを展開していることでも知られています。多くのクライアントにサービスを提供してきたという実績ある企業ですし、同社の公式ホームページには、これまでの実績についても記載があります。豊富な経験とノウハウがありますから、あらゆるクライアントの悩みを解決することができるのではないでしょうか。。

樫埜由昭氏は株式会社アレスパートナーズの代表で、同社における象徴的な存在でもあります。象徴的な存在と言っても、現在でもアグレッシブにビジネスに関わっていますし、重要な決定事項などはすべて樫埜由昭氏が決定権を握っていると思われます。もともと彼は海外でも活躍していた経歴があります。ビジネスの本場と言われるアメリカで得た経験を武器にビジネスを行っています。彼自身が目で見て耳で聞いてきたことをビジネスに生かしているからこそ、今のアレスパートナーズがあるのかもしれません。また、同氏は本当に悩みを持つクライアントを助けたいと考え、常にクライアントファーストを心がけているといいます。そうした部分も評価されている理由ではないでしょうか。

卓越した手腕で成長した会社

株式会社アレスパートナーズでは、東京都港区赤坂を拠点にビジネスが行われています。さまざまな事業を手掛ける企業ではありますが、同社が軸としているのは経営コンサルティング、財務アドバイザリー、事業投資の3つのビジネスと言えるでしょう。経営コンサルティングにおいては、常にクライアントのことを考えた提案をしているということで、顧問としてクライアントの抱えるあらゆるトラブル、問題の解決に携わりたいと考えているようです。きめ細かいサービスもクライアントから定評があります。また、財務アドバイザリーにおいても、金融のプロによる適切なアドバイスが行われています。高度な金融技術を必要とするシーンであっても、間違いのないサービスを提供しているということで、信頼が置ける企業と言って良いのではないでしょうか。

同社の事業はどれもクライアントから高く評価され、業界でも一定の評価を受けているようです。そんな同社で、代表取締役社長として会社をけん引しているのが樫埜由昭氏です。海外でも活動していた経緯のある彼は、金融の世界で活躍していた過去がありますし、さまざまな企業で大きな事業に関わってきました。それらの経験が今に活かされているのは言うまでもないかもしれません。樫埜由昭氏の先見性と卓越した手腕によって、株式会社アレスパートナーズがここまで成長することができたといっても過言ではないでしょう。それは同社の従業員も皆そう感じているのではないでしょうか。今後も同社は、国内はもちろん、世界を股にかけて活躍すると考えることができます。

躍進を遂げることができた理由

企業活動において財務は非常に重要な部分ですし、特にM&Aや投資では専門的な知識や経験なども必要になってきます。素人がうかつに手を出してしまうと失敗するのもこうした分野ですし、実際にそれで痛い目を見ることになった企業も少なくはないでしょう。株式会社アレスパートナーズは、企業買収や投資などのサポート事業も行っている会社で、支援交渉やスキーム構築といったサポートも行われています。専門家のコーディネーションを通じて、新規上場のサポートなども行われていますし、高度な金融技術を駆使したサービスを提供してもらえるでしょう。また、同社ではほかにも、経営コンサルティングや事業投資といったビジネスも展開されています。

2012年に設立以来、躍進を続けている株式会社アレスパートナーズですが、同社をけん引しているのが代表取締役社長である樫埜由昭氏です。樫埜由昭氏は旧三和銀行に勤めていた経験もありますし、海外プロジェクトファイナンスの新規取り組みなども行っていました。

樫埜由昭氏についてのお知らせ

政府系金融機関のプロジェクトや中東案件など、非常に重要で失敗の許されない案件に携わってきたことも多々ありますし、ニューヨーク州弁護士の資格も持つという華々しい経歴の持ち主です。似たようなサービスを提供している会社は数多く存在しますが、瞬く間にこれほど躍進を遂げることに成功した企業というのは恐らく少ないでしょう。同社がここまで躍進できたのは、紛れもなく彼の力によるところが大きいと考えられるでしょう。

華々しい経歴を持つ代表

企業経営者は常に、いくつもの悩みを抱えているものです。これからビジネスをどのような方向性で進めていけば良いのか、いったいどうしたらもっと業績がアップするのか、資金調達はどう行えば良いかなど、経営者はあまり人に言えない悩みを数多く抱えています。株式会社アレスパートナーズでは、こうした経営者の悩みをしっかりと受け止め、適切なアドバイスを行っています。経営コンサルティング事業は同社の軸となる事業ですし、質の高いコンサルティングサービスを提供しているため、多くのクライアントから信頼されているようです。事業計画の策定や金融機関への対応など、かゆいところに手が届く幅広いサービスを提供しているのも特徴と言えるでしょう。

樫埜由昭氏は、株式会社アレスパートナーズで代表取締役社長として活躍している人物で、華々しい経歴を持つ人物としても知られています。東京大学法学部卒というだけでも素晴らしい学歴ですが、ペンシルベニア大学のロースクールを修了しているというのも素晴らしい学歴と言えるのではないでしょうか。樫埜由昭氏は社会に出てからもめざましい活躍を続けてきましたし、海外でも重要なプロジェクトをいくつも手掛けてきました。そこで得た経験を武器に、現在では株式会社アレスパートナーズで活躍しています。同じようなサービスを行っている会社はほかにもたくさんありますが、そんな中で多くのクライアントから高い評価を得られているというのは、同氏の経営手腕が発揮されているからではないでしょうか。

株式会社アレスパートナーズの事業

株式会社アレスパートナーズは、平成24年創業と公表されている企業です。東京都港区赤坂を拠点にビジネスが展開されており、国内だけでなく海外も視野に入れたビジネスが行われていることがひとつの特徴と言えるでしょう。主な事業内容ですが、経営コンサルティングや財務アドバイザリー、事業投資などを事業の軸としています。どの業務にしても高品質なサービスをモットーとしているということで、常にクライアントのことを考えた提案をしていることも同社におけるサービスの特徴ではないでしょうか。クライアントファーストを実践しているという企業ですし、だからこそ多くのクライアントから多大な支持を獲得できていると考えられます。

そんな株式会社アレスパートナーズの代表を務めているのは樫埜由昭氏で、もともと三和銀行に入行し、さまざまなプロジェクトに関わっていました。海外プロジェクトも手掛けていたとのことですし、ニューヨークの法律事務所ではアソシエイトとして活躍していた経緯もあります。その後、日本に帰国してからも精力的に活動し、三和銀行資本市場部ではネット証券会社の新規設立にも携わりました。これまでに数多くのアドバイザリー案件にも携わってきた樫埜由昭氏だからこそ、アレスパートナーズのサービスは高品質なのかもしれません。豊富な経験を活かし、今でも同社は成長を続けていますし、新たな事業も見据えた事業活動が展開されています。今後も株式会社アレスパートナーズは、存在感を放っていくのではないでしょうか。